ようこそ、音楽の船旅へ『大海原のソングライン』予告到着、公開は5月に延期

太平洋、インド洋に浮かぶ島々の歌を もう一度集結させる壮大な音楽プロジェクト!

音楽の心地よさと映像の美しさでずっとリピートにしたくなる映画です。― ピーター・バラカン  (ブロードキャスター)

言葉より前に歌があった。海に漂い、風に流されるが如く音と歌に身を任せる。すると自分の奥底にさざ波が起きてくる。その波が自分より大きな存在へと導いてくれるのだ。― ダースレイダー (ラッパー)

5000年前、太平洋には海を渡る人々がいた。彼らは数千年に渡って大海原を攻略し、地球の半分を覆う島々にたどり着いた。文字が普及する前の時代なので、彼らはその先々で音楽を残しながら交流していった。その勇敢な船乗りたちの子孫は今や4億人にまで増えた。

本作は、台湾から出発してオーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、さらに太平洋の向こう側に位置するマダカスカル、そしてイースター島に至るまで実に16の島国に残る伝統的な音楽やパフォーマンスを記録した前例のない音楽ドキュメンタリーだ。

文字の読み書きが始まる前のオーストラリアの原住民たちは、歌で物語や知識を伝承していた。どれが食べても安全な植物か、作物をどうやって育てるか、水をどうやって見つけるか、といった生活に必要な知識を歌にのせて紡いでいった。英語では「ソングライン」と呼ばれる思想/信仰に基づいて、監督たちは、島々でのセッションを記録していった。制作に際しては、「先祖から受け継いだその土地に残る伝統的な楽器を演奏し、母語で話し、歌ってもらう」「イコライザーとレベル調整は行うが、リバーブやエコー等のデジタル・エファクトは使用しない」などの幾つかの制限を課した。そのようにして、出演する彼ら自身が選んだロケーションの中で演奏してもらい、オーバーダビングしていく方法で本作は撮影/録音された。

この度、解禁された予告編には、それぞれの島々で演奏する人々がやがて壮大なアンサンブルを奏でる様子の一部分が切り取られている。また出演しているソロモン諸島のチャールズ・マイマロシアは、「この5000年、同じルーツをもつ人々が一緒に何かを作り上げたのは、初ではないでしょうか。すごいことです」と本プロジェクトに参加できた喜びを語っている。

なお、本作に先駆けて2018年7月に音楽アルバムが発売されると、世界各国で評判を呼びイギリス、ドイツなどで音楽賞を次々に受賞。その後、2018年アメリカのSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)を皮切りに現在、14の国で出演ミュージシャンたちによるライブが行われている。いままでのワールドミュージックや伝統音楽の常識を打ち破る全く新しい音楽ドキュメンタリーがいよいよ日本に上陸となる!

5月下旬に東京・渋谷の イメージフォーラム ほか全国で順次公開。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です