MEMBER

監督写真5

黄インイク 監督 / プロデューサー

プロフィール

台湾・台東市生まれ、現在沖縄在住。台湾政治大学テレビ放送学科卒業、東京造形大学大学院映画専攻修士を取得。大学期間中、『文化研究月報』、『映画鑑賞』などの刊行物に映画評論や研究文章を発表し始め、『幼獅文芸』雑誌で映画評論の書き手を担当、台北映画祭の特集文字などにも参加する。2010年ドキュメンタリー作品のデビュー作『五谷王北街から台北へ』を発表、この映画は台湾の出稼ぎタイ人労働者をテーマとした人類学映画であり、杭州アジア青年映画祭「アジアの光」青年短編コンペティション部門、北京インディペンデント映画祭などの映画祭に出品される。2013年に私的なドキュメンタリー『夜の温度』がスイス・ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭国際コンペティションに招待され、ブエノスアイレス国際ドキュメンタリー映画祭国際コンペティション、杭州アジア青年映画祭、台北映画祭最優秀ドキュメンタリー賞にノミネートされる。2014年、河瀬直美がプロデュースを担当した、奈良国際映画祭とスイスジュネーブ芸術大学の共同映画制作プロジェクト「Grand Voyage:壮大な航海」に参加、奈良県田原村で一ヶ月滞在し、短編ドキュメンタリー『杣人』を制作する。

2015年、映画製作・配給会社「木林電影有限公司」を台湾に設立し、翌年沖縄にも事務所を構える。沖縄を拠点に、戦前からの台湾移民や日台間の歴史などをテーマに、シリーズとしてドキュメンタリー映画を制作中。「八重山台湾人」を題材にした企画『狂山之海』が2015年ベルリン国際映画祭主催の若手映画製作者向けプログラム「ベルリナーレ・タレンツ」(Berlinale Talents)のドキュメンタリー企画部門「ドック・ステーション」(Doc Station)に選ばれる。また、「西表炭鉱」を題材にした企画『緑の牢獄』がスイス・ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭のピッチングセッションで大賞を受賞する。2016年、企画『狂山之海』の第一部『海の彼方』が台湾で劇場公開し、台北映画祭や大阪アジアン映画祭、ハワイ国際映画祭などへ選出される。日本では2017年夏に劇場公開した。

2019年、黄が発起人となって「株式会社ムーリンプロダクション」を日本に設立。プロデューサーとしての活躍が認められ、チェコ・Jihlava国際ドキュメンタリー映画祭「Emerging Producers 2020」に台湾代表として選ばれる。近年は制作者としてだけでなく、映画を伝える側としても活動を広げており、2020年開催予定の「石垣島ゆがふ国際映画祭」ではプログラムディレクターも務めている。

NakataniShungo

中谷駿吾( Nakatani Shungo ) キャメラマン / 制作

プロフィール

東京造形大学デザイン学科映画専攻卒業。2014年から黄インイク「狂山之海」プロジェクトに参加して以降、黄インイク作品の撮影を担当している。撮影の他にもポストプロダクションにおける技術面を担当。2019年、黄インイクが発起人となって立ち上げた「株式会社ムーリンプロダクション」に代表取締役として就任。

sugayaSo

菅谷聡( Sugaya So ) 企画制作 / 広報

プロフィール

1987年生まれ。琉球大学教育学部卒業。台湾・中興大学台湾文学研究所修了。琉大在学中から沖縄市銀天街で美術作品、文学作品制作等の活動を行う。那覇・桜坂劇場で企画宣伝として務めた。『海の彼方』日本公開版パンフレットの翻訳を行ったことをきっかけに株式会社ムーリンプロダクションに参加する。「石垣島ゆがふ国際映画祭」実行委員、沖縄初の大型アートブックフェア「BARRAK ART BOOK FAIR」実行委員を務める。

主な受賞歴
第10回おきなわ文学賞詩部門沖縄県文化振興会理事長賞
第14回おきなわ文学賞詩部門沖縄県文化振興会理事長賞

何孟學

何孟学(Ho Meng-Hsueh) 助監督 / 編集

プロフィール

台湾・政治大学中文学科卒業後、フリーで様々な映像制作に携わる。陳博文の元で映像編集について学び、近年ではダンス劇団の広告やドキュメンタリー映像、さらに台中・国立オペラシアターの宣伝映像のデザインと撮影、編集から監督までをマルチにこなす。黄インイクとは大学時代から共に映像を制作している。